スカーレルハウス お知らせ 日記

越後湯沢の神立高原スキー場の近くにある民宿です。 スカーレルハウスからのお知らせやお客様の記念写真などを載せています。

2012年11月

遅くなりましたが、2013シーズンに向けホームページの料金ページ更新しました。



ホームページはこちら



大晦日は残り僅かとなってきました。料金ページ更新前からご予約いただいたお客様ありがとうございます。





今年は湯沢町にスキーが伝えられて100周年なんだそうです。

1911年にオーストリア=ハンガリー帝国の軍人、レルヒ少佐が新潟県上越市で日本で初めて本格的なスキー指導をおこなったそうです。

なので湯沢にはその次の年にスキーが伝わったようです。







湯沢町ではいろいろな100周年イベントが企画されているようなのでまたブログでお伝えしたいと思っています。

ロゴの右側の不気味なおっさんは新潟県のユルキャラ【レルヒさん】です。









身長2m70cm





スキー関連イベントによく出てきます。





by つぁま

昨夜、冷たい雨がバシャバシャ降っていて急に寒くなったと思っていたのですが、朝目覚めると雨の音がしない。







やっぱり雪が降っていました。



もともと田舎なので騒音とは無縁な場所なのですが、雪が降ると雪が色々な音を吸収するのか無音状態に近いシーンとした雰囲気が窓の外から伝わってきます。

寒さと外からのピーンと張りつめた空気感で外を見る前に布団の中で『あ、雪降ってる』と気付いてしまうのです。











根雪にはならないと思いますが、ひとまず例年並みに初雪が降りました。



子どもの頃は初雪が降っているのに気付くとワクワクしたものですが、家のまわりの雪囲いやスタッドレスタイヤ交換など早めに準備しなくては。などと思ってしまいます。





12月あたまには野沢菜と沢庵も漬けなくては。

冬の準備をそろそろ本気で始めようと思っています。





by つぁま





Tuesday(訳すと火曜日)がAmazonから届きました。



山田博行の最初の写真集でアラスカでの日常生活を撮影したものです。



私も日照時間の少ない(アラスカとは比べものになりませんが)雪国で生活しているので表紙の写真の柔らかい陽射しが現地の人々にとって貴重なものであることが想像できます。









本の大きさと中身はこんな感じです。

巻末のアラスカでの日々を綴った日記も山田らしく面白いものでした。アラスカで大工を経験した日本人もそうはいないと思います(笑)



山田とは学生時代の親友?悪友?で15~22歳くらいの一番多感な時期に一緒に信濃川の河川敷でビックの軽自動車でオフロードドライブを楽しんだり小千谷の山の中に野草採りに行ったりして遊んでいた仲です。



というわけで今回スカーレルハウスのブログで写真集を紹介させていただきました。









スカーレルハウスの本棚に置いておきますので興味のある方はご覧ください。

【錦鯉問答】と【熱いぜ!!】の圧倒的存在感(笑)







最近はスノーボード雑誌の仕事はほとんどやってないと言っていましたが、もともとはトランスワールドスノーボーディング等の雑誌に写真を提供していた人物です。



※以下、公式ホームページより引用※

【作家略歴】

山田博行プロフィール

1972年生まれ

新潟県出身、現在長岡市在住

武蔵野美術大学造形学部映像学科卒業後

複数の写真家に師事後、独立。

国内外で極地の大自然から日常まで、美しいもの、瞬間を追い求めている。

世界中の遠征取材活動のなかでも特に、アラスカへの想いは強く過去に撮影に出向いた回数は20回以上。

また広告写真家として活躍し、過去の主な仕事にカシオ、サントリー、ナイキ、ノースフェイス、パタゴニア、ホグロフスなどがある。

※引用終わり※



ちなみに私はムサビに入学も卒業もしていません。





Amazonのページ↓



Tuesday 山田 博行 (著)






山田の公式サイト 写真関連のお仕事の依頼もこちら↓



X-Files | HIROYUKI YAMADA Photography iPad App.












先日、山田に約15年ぶりに再会し私も触発されスカーレルハウスの裏山を撮影してみました。



売り物にはなりませんね。(笑)

紅葉も終わりに近付き、寒くなってきました。



さて

初雪はまだですが年末年始、スキーシーズンの予約開始しています。

ホームページはまだ更新していませんが料金は昨年とほぼ同じです。

料金と空室状況のご確認はスカーレルハウス オンライン予約のページをご覧ください。









by つぁま


↑このページのトップヘ