スカーレルハウス お知らせ 日記

越後湯沢の神立高原スキー場の近くにある民宿です。 スカーレルハウスからのお知らせやお客様の記念写真などを載せています。

IMG_0326[1]
初雪は11月。
やっと寒くなってきました。

週間寒気予想を見ると、それほど強い寒気ではなかったのですが想像よりも積もっています。
スカーレルハウス前の駐車場で20cmくらい。
このまま融けずに根雪になるといいですね。


週間寒気予想

神立高原

スカーレルハウス オンライン予約のページ



IMGP0554
野沢菜は長野県まで仕入れに行っています。
全部で50キロ漬けました。
まずは泥やゴミをきれいに洗い流します。
右上の黒いパイプから出ているのは井戸水です。


IMGP0556
枯れた葉、長すぎて余分な葉を取りながら洗います。
いつもは寒くて震えながら作業するのですが、今年はあまり寒くありませんでした。
洗いながら、太いものと細いものに分けていきます。手前の山が太い野沢菜。


IMGP0559
野沢菜漬けも昨年とほぼ同じ塩加減で漬けてみました。
白いものが塩、オレンジ色が野沢菜漬けの素、あとは自家産の鷹の爪です。


IMGP0560
ボウルのなかでよく混ぜます。


IMGP0563
太いものから並べて塩を振っていきます。


IMGP0564
茎と葉が交互になるように重ねながら塩を振っていきます。


IMGP0565
全部並べ終わったら重石を乗せます。
重石の重さは量ったことがありませんが、一番大きい石は男性(46歳)がやっと持てる重さ。ちょっと腰が痛くなりました……
2~3日で野沢菜から水分が出てきて野沢菜が水没します。
水没したら徐々に重石を軽くしていきます。


IMGP0568
仕上げに焼酎を上からぶっかけて終わりです。


IMGP0570
今年は新潟県小千谷市の米焼酎にしてみました。

野沢菜漬けは12月下旬から3月下旬までの夕食時に提供しています。

空室状況の確認や料金、オンライン予約はこちら
スカーレルハウス オンライン予約のページ

IMGP0549
左下のボウルに入っているのは米ぬかです。
干し大根は群馬県まで仕入れに行っています。
写真には写っていませんが全部で25キロ漬けました。

去年、味の濃さがちょうどよかったので去年とほぼ同じ塩加減でぬか塩を作ってみました。


IMGP0553
何のまじないなのか、何の効果があるのか分かりませんが、最後に上に大根の葉を干したものを乗せてから重石を乗せます。
なんでだろ?ダシが出るのかな?違うか(笑)

12月下旬から3月下旬までの朝食時に提供しています。


空室状況の確認や料金、オンライン予約はこちら
スカーレルハウス オンライン予約のページ

↑このページのトップヘ